Aipa Recicle Center

機密書類の取扱について

  • HOME »
  • 機密書類の取扱について

「機密文書の処理」

AIPAリサイクルセンターの抹消処理と溶解再生(リサイクル)は

他社と”ここ”が違います!

AIPAリサイクルセンターでは、機密文書の処理と融解再生(リサイクル)の障害と

なっております三大異物(金具付バインダー類・プラスチックケース類・綴じ紐類)は

そのまま全て一括で処理できます。三大異物を事前に取り除く必要はありません。

AIPAリサイクルセンターでは、紙類に印刷している「あらゆるインク」と紙類に

付着している「あらゆる異物」の除去処理技術により、機密文書収納の

段ボール箱等の包装を開くことなく”密封丸ごと”破砕処理できます

AIPAリサイクルセンターは、愛媛県四国中央市の古紙再生パルプ製造工場(本社)の

大阪事業所でありますので、同センターで破砕処理された機密文書は、全量

本社再生工場で溶解再生(リサイクル)されます

機密文書の破砕処理(抹消)と熔解再生(リサイクル)において、利用メーカーとして

機密情報漏えい等の責任を明確にするため、下記2通りの「証明書」を

処理後、速やかに発行致します。

  ①破砕抹消処理後(AIPAリサイクルセンター)

     「破砕抹消処理証明書」

  ②熔解再生後(本社工場)

      「マテリアルリサイクル証明書

機密書類の抹消処理と熔解再生(リサイクル)は

是非、AIPAリサイクルセンターにお任せ下さい!

「AIPAリサイクルセンター」における機密書類の取扱について

機密書類A 機密書類B
貴社の立会(監視作業)を伴い、弊社のシュレッドルームを一定時間占有し、かつ未開封のまま投入処理します 貴社の立会がなく、シュレッドルームでの取扱を弊社に一任され、かつ開封して投入処理します
処理費(貴社にご負担いただく金額) 買取価格(弊社が支払う金額)
貴社便による持込み 弊社便による引取り 貴社便による持込み 弊社便による引取り
応談 応談 NO.Ⅰ NO.Ⅱ No.Ⅲ NO.Ⅰ NO.Ⅱ N0.Ⅲ
異物少 異物中 異物多 異物少 異物中 異物多
応談/Kg 応談/Kg 応談/Kg 応談/Kg 応談/Kg 応談/Kg
異物の多、中、少は金付きバインダー・プラケース・とじひも類の3種類の混合割合で判定します

注意していただく事項

金属類及びガス系スプレー缶の混入には厳重に注意して下さい

ただし、バインダー金具・ピン・クリップ等の軽量金具の混入は問題ありません

 

「証明書」の発行について(A・B全てが対象となります)

①「破砕抹消処理証明書」

→AIPAリサイクルセンターで処理後、速やかに発行します

②「マテリアルリサイクル処理証明書」

→本社工場で原料として使用した後(センター処理後、約3日後)発行します

 

image001AIPAリサイクルセンター

所在地:〒559-0025

大阪府大阪市住之江区平林南1-3-82

TEL 06-6115-6680 FAX 06-6115-6675

営業時間:月~土・祝 8:00~17:00  休日:日

担当:山中・大西・矢野・藤田

Copyright © AIPAリサイクルセンター All Rights Reserved.